婦人

通信講座は未来への架け橋となる|宅建も取得可

児童の保育をする

子供とレディ

資格を取得する

保育士とは専門知識と技術があり、児童の保育や児童の保護者に対する指導を行うことのできる人を言います。日本の国家資格になります。保育士の資格を取得するには、厚生労働大臣の指定する学校を卒業するか指定保育士養成施設で学ぶか、保育士試験に合格する方法があります。養成施設では、指定された科目を勉強し保育園と児童福祉施設での実施訓練を行い、卒業して保育士の資格を取得できます。保育士試験を受けるには、短期大学卒業程度の資格が必要です。または、児童福祉施設で2年以上の従事経験があれば中学卒業以上でも受験資格があります。筆記試験が9科目あり、それぞれ60点以上で合格となります。その後実技試験を行います。3科目から2科目を選択します。専門学校、短期大学、四年制大学を卒業すれば、無試験で保育士の資格を取得することができます。専門学校は、入学しやすく集中して学ぶことができます。幼稚園教諭免許を取得できる学校もあります。短期大学は、保育士の資格を取得する以外にも幼稚園教諭免許を取得することができます。両方の資格があることが望ましいです。四年制大学は、学べる範囲が広いです。保育士以外にも多くのことを学ぶことができます。取得できる資格も多くなります。保育士以外にも、より専門性の高い職業に就くことができます。どの学校で学ぶにしても、実習を行うことが大事です。実践を経験しておくことで、就職してもすぐに力を発揮することができます。