婦人

通信講座は未来への架け橋となる|宅建も取得可

幼児教育の仕事に就くなら

若者

幼児教育資格を取ろう

保育士を目指すのであれば、保育士免許が取れる大学に進学し、そこで資格を取ることが必要です。保育士になるために必要な道のりを、大まかに説明します。まず、保育士資格が取れる大学に出願できることが望ましいでしょう。教育学部の多くにはそのような専攻があります。無事に大学に入学できたら、大学のシラバスに沿って、必修授業を履修し、単位を取得します。教育学部には「副免許」という履修システムがあり、ほかの専攻であっても、指定の講義の単位を履修することで保育士を目指している人も多くいますが、保育士だけを目指し、保険として小学校教諭を目指すという人でない限り、幼児教育専攻など、主免許として取得できる専攻を選ぶことをお勧めします。保育士資格取得を希望する人は、これらの講義の出席状況をそうでない人よりも厳しくチェックされますので、授業はくれぐれもサボらず出席しましょう。大学3年生あたりから、介護施設や教育施設での各種実習に加え、教育実習として幼稚園や保育園、また小学校で実習を経験することになります。実習録や指導案などが大変ですが、よい経験になります。発展実習といって、さらに経験を積むために4年生になって実習に新たにいく人や、ボランティアで経験を重ねる人もいます。資格を取れば必ず保育士になれるわけではなく、各自治体などが募集する採用試験に合格しなければなりません。これは募集あたり数名と狭き門なので、しっかりとt対策をしましょう。保育士資格の取得は実習など、いろいろなところに出向くことが多く、講義の出席率にもシビアですが、人気の資格です。子どもが好きならばぜひ検討するとよいでしょう。